悩みの髭を薄くするにはどんな食べ物を食べれば効果的?

一昔前には男らしい象徴の一つとされていた体毛ですが最近は男性も美容にきをつける等その風潮が変わってきてもいて就職活動に髭の濃さを気にする人もいます。
そこで今日はそんな髭をすこしでも薄くしてくれる食材はないか?それを調べてみたいと思います。

何故髭は伸びるのか?

そもそも何故髭はのびるのでしょうか?髭、体毛の発毛には体内の「男性ホルモン」が関係しています。
因みにこの男性ホルモンは女性にもありますが量が少ないです。
量が多いと体毛が太く濃くなりやすいのでだから男性は髭や体毛が濃くなりやすいのです。

しかし、性別的な事以外にもこのホルモンに関し食事と遺伝が影響しているということも言われています。

・男性ホルモンを促す食べ物

特に男性ホルモンの主成分であるテストステロンを促す食べ物として肉類・牡蠣・にんにく等は有名です。
だからヒゲをきにしている時は食べる量を考えて摂取するといいかもしれません。

・男性ホルモンを抑制する食べ物

では男性ホルモンを抑えてくれる食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?
それは大豆イソフラボンです。
豆腐や豆乳や納豆などに含まれている「大豆イソフラボン」は男性ホルモンの働きを抑える女性ホルモン(エストロゲン)の成分とよく似た成分です。

だから髭、体毛などのムダ毛の発毛と成長を抑止し、毛を薄くする効果があると言われています。
なのでヒゲや体毛の濃さで悩んでいる人は、納豆や豆腐を食べるクセをつけると効果的です。

でもだからと言って、それだけを食べるという事は控えてください。
本来男性ホルモンは身体に必要なホルモンなので、急激に減りすぎると身体に支障がでるかもしれません。
なので、上に書いて「男性ホルモンを促すする」食材を少量で、「男性ホルモンを抑制する」食材を多く取るように心がけるとよいかもしれません。

食事以外の方法は?

では食事以外で髭や体毛を薄くする方法はないのでしょうか?

・豆乳イソフラボン含んでいる商品を使う

どうしても豆類が苦手という人は豆乳イソフラボン含んでいる市販の脱毛クリームやローションなどをドラッグストアなどで買って使うのも手かもしれません。
もし自分に合うか不安なら最初は足部分の無駄毛などに少し使って試してみるのもいいかもしれません。

もちろん、この他にメンズサロン等にいって脱毛するコースも今はありますが、それだとお金がかかってしまうので、社会人ならともかく、中学生、高校生が行くには敷居がたかすぎるのも現実です。
それならばちょっと時間はかかるかもしれませんが、市販のクリームを買ってお肌をツルツルにした方がお値段も手頃に植物性のものだから安全性もしっかりと感じて使用できるのでおすすめです。

気になる髭を薄くするには

という事で髭を薄くする食材について調べてみた所豆乳イソフラボンがとても効果的という事がわかりました。
なので食事で採る方法、豆乳イソフラボンが含まれている脱毛商品を使用してみる方法自分にあった方法で試してみてはいかがでしょうか?