濃い鬚になってしまう原因は男性ホルモンが影響?

鬚は人によって個性が出るものです。
濃い人、薄い人などの違いもありますが、徹夜明けの無精ヒゲ、ちょっとかっこつけたあごヒゲ、ヒゲ男子の多い口ヒゲ、ヒゲデザインで凝ったものなどいろいろです。
気をつけたいことに清潔感がなくてはならないことですが、もう一つはヒゲが濃いのはなんとかしてほしいというものです。
毎日のケアは仕方ないにしても、好きなデザインにせっかくしたのに、ボーボーになってしまうし、結局は毎日髭剃りをして青ヒゲになっちゃったという方もいます。

ヒゲはどうやってできるの?

そもそもヒゲは、ホルモンと深く関係します。
ヒゲと関係が深いのは男性ホルモンです。
単純に言うとこのホルモンが多く活発になると、ヒゲも濃くなりがちです。
女性も同じことです。
徹夜明けにヒゲが濃くなってしまうのは、睡眠をしないことで体が興奮状態になっていることが原因です。
興奮、闘争心といったことで、ヒゲが濃くなってしまうことがあります。
最も仕事上、営業職などは仕方のないことですが、一応男性ホルモンが関係していると知っておいたほうが良いでしょう。
あまり毛を濃くしたくない方は「女性ホルモンと似た成分の大豆製品を食べる」「あまり興奮をしない」「アロマのある生活をする」「植物に接する生活をする」ことです。
これらは、男性ホルモンが分泌しづらい環境となって、毛が濃くならない可能性があります。
とはいっても、100%効果の保証はなく、ヒゲそのものをそらなくても良いということにはならないようです。

気になるならサロンで脱毛

どうしても気になってしまう方で、さっさと脱毛サロンで脱毛をしてしまう。
その脱毛もちょっとしたくない方は、おしゃれヒゲで、凝ったデザインにしてみるのも良いかもしれません。
濃くなってしまうこと逆手にとって、上級者ヒゲのデザインで遊んでみるとか…。
それすらも面倒な方は、男性でもエステでの脱毛がおすすめです。
クリニックなどでも対応しています。
ここでは、全く毛を失くしてしまうだけではなく、人気デザインランキングで上位に入るもののようにすることができます。イタリア人俳優のあの人みたいにとか、ワイルド系のデザインなど、それぞれの好みに合う形でのヒゲを“作る”ことができます。
薄い毛の方は、返ってこのような遊びが出来ないので、濃いことを憂うのではなく、遊び心でいじってみるのも良いかもしれませんね。
男性の鬚は、特にセクシー、ダンディな魅力を出すものです。
職場では難しいけれど、プライベートではモテ系オシャレヒゲで決めるのも、濃いならではの提案です。
外国人などは、胸毛やヒゲがもじゃもじゃの人ほどモテるとか?